無職でも借りれるの?

自身が仕事で収入を得ていない専業主婦の場合、借りられる可能性があるのは銀行に限られています。
銀行は総量規制対象外のため、無職で収入のない主婦向けにも融資を行っています。
総量規制の対象となる消費者金融や信販系カードローンでは、年収ゼロの人には貸付を行ってはならないことになっています。

 

銀行カードローンに申込する際の条件としては、配偶者に安定収入があることとなっています。
この条件をクリアしていれば、特に収入証明書を提出する必要もありませんのでさほど心配する必要はありません。

 

また配偶者の同意書も不要で申し込みできるのも嬉しいポイントの一つです。
夫の職場へ在籍確認の電話が入ることもなく、夫や家族にバレる可能性はかなり低いといえます。
審査の対象となるのは申込者本人だけなので夫の信用情報が見られることは基本的にはありませんが、中には夫がブラックリスト入りしていることが審査に不利に影響するケースもあるので要注意です。

 

もちろん自分自身がブラック入りしている場合は審査に通る可能性はきわめて低いです。ブラックリストの金融事故情報は数年間信用機関に登録されているので、心配な場合は一度本人による開示請求を行って確認しておくと安心です。また短期間に複数のキャッシング会社に申込みを行った場合、申込みブラックとみなされ審査に通りにくくなってしまいます。
いくつか申込みを検討している場合は、一定の期間を空けてから行うことをおすすめします。