審査で見られているのはどんなところ?

キャッシングに申し込む際の審査は誰でも不安に感じるものです。
キャッシング会社がそれぞれの審査基準を明確に提示しているなら大体の見当がつけられるのですが、残念ながら各金融機関とも審査基準については明らかにしていません。
カードローン審査は申込者の諸条件によって千差万別だからです。
同じ年収でも他の条件が違えば審査結果は同じになるとは限りません。

 

収入面だけでなく年齢・勤続年数・家族構成・持家の有無などあらゆるポイントを細かくチェックして、返済能力が十分に認められた人だけが晴れて審査通過することになります。
審査でもっとも重要視されるのは貸したお金を返せる人物かどうか、つまり返済能力の有無にかかっています。
月々の給料が少ない人でも収入が安定して途切れることがないと判断されれば審査に通る可能性は決して低くはありません。

 

また審査にほぼ確実に落ちる条件としては、現在ブラックリストに名前があることです。
ブラック入りしているということは過去にお金を借りた際にきちんと返せなかった、という明確な記録があるということですから信用がなくなってしまいます。

 

さらに短期間に複数のカードローン申し込みを行った場合は申込ブラックとみなされ、審査に不利になる可能性があるので要注意です。
一社だけでは不安だという人やA社に落ちたのでB社にもという人も、少し日数が経ってから申込みを行うことをおすすめします。
無職の専業主婦の場合は消費者金融では借り入れできませんが、銀行カードローンなら専業主婦OKの商品があります。