在籍確認でカードローンの利用はバレる?

在籍確認というとカードローン会社から勤務先へ電話がかかってくるのが一般的です。
在籍確認の最大の目的は申込者の勤務実態を把握することにあります。
申込書類に記載されているとおりに仕事をしているかを確かることができれば、その人の返済能力や信用度を高めることにつながります。
職場に電話が入るとなると、周囲の人や同僚にカードローンの利用がバレるのではないかと心配する声も聞かれますが、実はそれほど心配することはありません。
カードローン会社の担当者は個人名を名乗るので不審に思われにくいですし、たとえ本人が不在でも職場に在籍していることさえ確認できればそれでやりとりは終わります。

 

どうしても自分で電話口に出たい場合は、確実に職場にいられる時間帯をカードローン会社に伝えておきましょう。
専業主婦が利用できるのは銀行カードローンに限られています。専業主婦の場合は当然職場への在席確認は行われず、本人への電話確認のみになります。

 

自宅への電話でもカードローン会社名を名乗ることはありません。また夫の仕事場へ確認の電話が入るようなことは基本的にはないので安心です。
カードローンの審査対象はあくまで申込者本人だけで、配偶者の信用情報照会や在席確認が行われることはありません。
専業主婦OKの銀行カードローンでは夫の収入証明書も不要で申込み可能なので、書類の準備もいらず手軽に申し込みすることができます。