限度額はどうやって決まるの?

キャッシングの限度額は最初の申込審査で決まります。
限度額の大小を左右するのは、申込者の信用度や返済能力です。
審査では年収・勤続年数・年齢・家族構成など、さまざまな条件をもとに融資の可否や限度額についての検討が行われます。

 

返済能力が高く信用のおける人物とみなされれば審査に通過しやすく、さらに大きな借入限度額が得られる可能性が高くなります。
限度額が高くなればなるほど借り入れ金利は低くなり、よりお得に借りることができます。専業主婦が借りられるのは総量規制対象外の銀行カードローンになりますが、キャッシング枠は残念ながら決して多いとはいえません。
無職の専業主婦は返済を夫の収入に頼る度合いが大きくなってしまいます。

 

もし限度額が高額だとついつい借りすぎて返済に行き詰ることもあり得ます。
専業主婦への貸し倒れのリスクを最小限にするため、銀行側がキャッシング枠を少額にするのも当然ともいえます。
専業主婦がキャッシングを利用したい場面としては、予定外の出費が重なってしまったときや次の給料日までのつなぎなど、家計のやりくりの中でちょっと数万円足りないというケースが多いものです。

 

そのような使い方ならさほど大きな限度額は必要ないですし、借りすぎて自分の首を絞めるような事態に陥る心配も少ないですね。
もし月々の返済が滞るようなことになれば信用度ダウンにつながります。
必要な分だけ借入れをして借りた後はできるだけ早めに完済することが、カードローンを利用する上での大切なポイントになります。