返済方法の種類

一般的にカードローンの返済方法には2つの方法があります。
これは利用する人の諸条件に関係なく共通しています。

 

1つめは一括払いで、借入を行った翌月に全額を返済する方法です。
一括払いは借入期間が短くてすむため、利息の支払いを抑えるにはもっとも有効な方法といえます。
2つめはリボルビング方式とよばれる方法です。

 

これは毎月の返済額を固定して返済を行うやり方です。
毎月一定額を返済するということで返済計画が立てやすく、また月々の返済額を無理のない金額に設定することで返済負担を抑えられることがメリットです。

 

ただしリボルビング払いには利息負担が多くなり完済に時間がかかる、という落とし穴もあるので要注意です。
カードローンで借り入れするなら必要な金額にとどめ、借りた後は延滞を起こさないようコツコツと返済を続けることがポイントです。

 

カードローンの返済は毎月決められた支払い約定日にあらかじめ登録口座から引き落とされるか、またはコンビニや金融機関の提携ATMから入金することになります。
ATMを利用する場合は別途手数料がかかる場合があるので確認が必要です。いずれの場合もうっかり忘れて返済できなかったということがないよう、約定日が近づいたら返済金の準備に気を配りましょう。

 

返済日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生し、ますます返済負担を増やすことになります。
また延滞を繰り返すと信用がなくなり、限度額の減額や利用停止になる可能性もあるので注意が必要です。