キャッシング会社を選ぶときの注意点

専業主婦がお金を借りる際には、まずキャッシング会社選びにポイントがあります。
消費者金融は総量規制の関係から無職で年収ゼロの人には融資を行っていないので、専業主婦の人が利用することはできません。
専業主婦が借入できるのは総量規制対象外の銀行カードローンのみとなるので、しっかり頭に入れておきましょう。

 

専業主婦向けの銀行カードローンの申込条件は、配偶者に安定収入があることです。
キャッシングしたお金を返済していくための主な収入源となるのが夫の収入ですから、これは必須条件です。

 

でも特に夫の収入証明書は不要となっているので安心して大丈夫です。
無事に審査に通過したら一安心ですが、実際にお金を借りてからも注意すべき点があります。
それは借りすぎや延滞です。

 

専業主婦向けのキャッシング枠は少額なので借入残高が多額になる心配は少ないものの、気軽にキャッシングを繰り返すと返済に行き詰る可能性もあります。
夫の収入だけが頼りということもあり、借りすぎにはくれぐれも注意しなければなりません。

 

特にリボルビング払いで月々少額ずつしか返済できない場合は、借りた金額にもよりますが返済期間がどうしても長引く傾向にあります。

 

その結果余計に多くの利息が発生し、返しても返してもなかなか完済にこぎつけない、という状況に陥ることも少なくありません。
毎月の返済を怠ってしまうと信用を失いますし、何度も延滞を繰り返すと最悪ブラックリストに記録されるおそれもあります。
こうしたリスクも踏まえ、返済計画を立ててから無理のない範囲で上手にキャッシングを利用することが大切です。